カートを見る マイページ ご利用案内 お問合せ
 

善玉菌がつくる「よい物質」

善玉菌が優勢の腸内環境悪玉菌が優勢の腸内環境

私たちの腸内には、およそ100種類以上・100兆個ともいわれる腸内細菌が住んでいます。
これらの菌は種類ごとにグループをつくって群生しており、「腸内フローラ」または「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と呼ばれています。

腸内フローラについて詳しい説明はこちら>>


腸内細菌は、人がこの世に生まれてからすぐに、産道や空気、まわりの人間の肌の接触などによって腸に住みつきます。
そして、腸のなかで人の食べ物をエサとして生活し、人に有益であったり有害であったりする代謝物をつくり、人の健康に影響を与えています。



ビフィズス菌や乳酸菌など、人に有益な代謝物を作る菌のグループを善玉菌、
人に有害な代謝物を作る菌のグループを悪玉菌と呼びます。

善玉菌グループは、日々の活動で多種多様な「良い物質」をつくりだしています。

この健康に良い物質を、総称して「乳酸菌生産物質」といいます。

コラム

ページトップへ