カートを見る マイページ ご利用案内 お問合せ
 

腸内フローラの善玉菌優勢のバランスとは?

善玉菌が優勢の腸内環境

健康のためには、腸内フローラを「善玉菌優勢の状態」にキープすることが大切です。

「腸内を善玉菌100%にすれば良いのでは?」と思われるかもしれませんが、
実はどんなに健康であっても、悪玉菌がゼロになるということはありません。

理想のバランスは「善玉菌が常に2割を占める」状態です。

思いのほか、善玉菌の割合が少なくて驚きますが、腸内フローラにすむ腸内細菌の大部分は
善玉にも悪玉にも分類できない「日和見菌」です。
普段はおとなしいのですが、悪玉菌が増えると悪になびき、体に害を及ぼすものも出てきます。

しかし、2割の善玉菌がしっかり働いていれば悪玉菌の働きが抑えられ、日和見菌も悪になびくことはありません。

腸内フローラで一番大切なのは「バランス」です。
腸内に悪玉菌がいても、バランスが保てていれば悪さはしません。

コラム

ページトップへ