カートを見る マイページ ご利用案内 お問合せ
 

腸内フローラを善玉菌優勢に保つのは難しい?



腸内フローラを、常に善玉菌優勢の良いバランスで保ち、腸内の善玉菌が元気に活動できるような生活習慣をキープすれば、 腸内の善玉菌は毎日健康に良い物質(=乳酸菌生産物質)をつくりだしてくれます。

言葉にすれば実に簡単なことですが、実行はなかなか困難です。
なぜなら、腸内フローラのバランスは、常に一定ではないからです。

腸内フローラは大変デリケートで、そのバランスは食事の内容や生活習慣により日々変化します。
また、加齢や生活習慣、食生活の乱れなどでも善玉菌は減ってしまいます。


腸内フローラバランスを崩す要因 1.食生活の乱れ 2.加齢 3.ストレス 4.抗生物質などの薬物の乱用 5.その他


年齢と腸内細菌の移り変わり.png

腸内の善玉菌が減ってしまうと、体内でつくられる乳酸菌生産物質も減ってしまいます。

腸内で乳酸菌生産物質をつくってもらうには、自分の腸にもともとすんでいる善玉菌を元気にして増やす必要があります。

でも、前述したとおり腸内フローラは大変デリケートです。
忙しい毎日を過ごす中で、善玉菌優勢の状態を保つのが難しいときもありますよね。


そのような場合は、健康食品としての乳酸菌生産物質を摂ることも、健康維持の助けになると考えています。

コラム

ページトップへ