カートを見る マイページ ご利用案内 お問合せ
 

乳酸菌生産物質について

腸内には善玉菌、悪玉菌などが共存してすんでいます。
その数はおよそ100兆個ともいわれ、「腸内フローラ」と呼ばれています。

健康な人の腸内フローラは、善玉菌が悪玉菌を抑える「善玉菌優勢」の一定のバランスで維持されています。

そして善玉菌はカラダに良い物質を生産し、私たちの健康をサポートしています。
これが「乳酸菌生産物質」です。

お手本は善玉菌優勢の腸内フローラ


乳酸菌生産物質は本来、下の図にあるよう に体内で作り出されています。

ですが、腸内フローラを常に善玉菌優勢のバランスで維持することは容易ではありません。

光英科学研究所ではこの優れた体内工場を模した生産現場を体外に設け、乳酸菌生産物質を作っています。


乳酸菌生産物質はなぜ必要なの?

腸内の善玉菌が減ってしまうと、善玉菌のつくるカラダに良い物質も減ってしまうからです。

例えば、こんなことで腸内の善玉菌は減ってしまいます。

・ 加齢
・ 生活習慣や食生活の乱れ
・ 抗生物質などのくすりの影響
・ ストレスなど

歳を重ねると、ウェルシュ菌などの悪玉菌が増えて、ビフィズス菌は減ってしまします。
ただし若いからと言って油断はできません。
年齢に関係なく生活習慣や食生活の乱れなどでも善玉菌は減ってしまうからです。


腸内の善玉菌が減ってしまうと、体内でつくられる乳酸菌生産物質も減ってしまいます。

そこで光英科学研究所では、乳酸菌生産物質を体外で作り、体に取り入れるという方法に目を向けました。
ヒトの腸内細菌が生み出すものに限りなく近い代謝産物(=乳酸菌生産物質)を作り、ヒトの健康に役立てることが目的です。

光英科学研究所の乳酸菌生産物質は、長年の研究成果に基づき、選りすぐりの「エリート菌」である乳酸菌を独自に組み合わせています。

ページトップへ